【2018年度岐阜ブロック大会主管に向かって・・・】

JAYCEE拡充委員会

JAYCEE拡充委員会 基本方針

ichiokas

委員長 市岡宏樹

【基本方針】

 「896市区町村」この数字は平成25年に日本創生会議が発表した、日本全国で2040年までに消滅の可能性があるとされた市区町村の数です。私たちが暮らす瑞浪市もこの中に含まれ、消滅の可能性を危惧されています。この問題と真剣に向き合い改善するために、私たち瑞浪青年会議所として何をすべきか。

私たちが愛する瑞浪を、活力ある魅力的なまちへと変えていくためには、瑞浪青年会議所の会員を増やすことが必要不可欠であると考えます。共に活動する同志が増えることは、瑞浪の未来にとって必ず大きな力になると信じております。2015年度瑞浪青年会議所は、会員拡大において大きな実績を残すことができました。本年度も2015年度の結果に満足することなく、更なる同志の増員を目標に、会員拡大を瑞浪青年会議所全メンバーの使命とし活動してまいります。しかし、会員が増加したといって満足することはできません。全国各地会員会議所の過去の統計データによると、退会者のほとんどが入会3年未満の会員であることがわかりました。会員の拡大をするだけではなく、継続し活動できるJAYCEEが必要です。私たちJAYCEE拡充委員会では、会員一人一人が瑞浪青年会議所の一員であることを自覚し、その必要性を理解し、明確なビジョンを持ち活動していけるよう、会員の資質向上につながる事業を実施します。そして、メンバー同士が意思の疎通を図り、明るい豊かな社会の実現という共通の目標に向かい、全員で活動できるよう会員相互の交流会を実施します。

 本年度もJC青年の船「とうかい号」に一般団員・JC団員を輩出します。JC青年の船「とうかい号」は、42年という長きにわたり洋上と非日常的空間の中で、様々な学びや気づきを与え、次代のリーダー創出の一助となる活動を行ってきました。そしてその経験は個人にとって、必ず大きな成長をもたらすと確信しております。JAYCEE拡充委員会では、帰船報告会を実施し、乗船者が得た学びや気づきを個人だけのものにすることなく、広く伝えていけるような場を設けたいと思います。そして瑞浪青年会議所メンバーに乗船や出向に対する理解を深めていただき、次年度以降前向きに参加できるよう意識の向上を図ります。

 最後に、JAYCEE拡充委員会はメンバーの約半数が入会1年未満という状況で1年をスタートします。ひとつひとつの事業目的を委員会メンバー全員が理解し、全員で実施することで、共に学び共に成長してまいります。

 

 

委員会構成

委員長:市岡宏樹  

副委員長:金津誉    

委 員:樋口雅也・伊藤太一・樋田翔太・(仮)牛田達雄

担当常任理事

副理事長:中山研吾

お気軽にお問い合わせください TEL 0572-67-1637 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人瑞浪青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.