2022年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

専務理事 基本方針

                                加納大輝
                  ( 総務委員会、組織拡大強化室担当 )
 【基本方針】
 本年度、遠藤理事長の下、「不易流行~変わらない想いと変化し続ける努力~」をスローガンとして一般社団法人瑞浪青年会議所(以下瑞浪JC)は活動していきます。私は専務理事として、この言葉を次の様に捉えています。
 不易(変わらないこと)、に当たるのは「目的」です。何の為に瑞浪JCは活動をしているのか。これは定款の第3条に記載されています。目的意識無くしては、日々の活動が作業になってしまいます。何故瑞浪JCの活動に時間を使うのか、何故自分は入会したのか、多忙になればなるほど、人はそれを見失います。活動に掛ける時間を無駄にしない為に、メンバーに目的意識を持ってもらうことが私の仕事だと考えます。メンバーに事業等の案内をする際には、これは何の為にやるのかという文言を含め案内をしていきます。
 流行(変わっていくこと)、に当たるのは「手法」です。
一昨年からオンライン会議が当たり前のように使われるようになりました。時代や環境が変われば手法は変わります。目的達成の為であれば、過去のやり方に捕らわれる必要はありません。より効率的、効果的な手法があるのであれば積極的に変化させていくべきです。入会歴の短い我々にこそ気付ける点はあるはずです。事務局と共に、今後のメンバーにとってより活動のしやすい環境作りを目指します。

 会員拡大については組織拡大強化室を設け、小川室長を中心として活動していきます。昨年は特定のメンバーの力により拡大してきましたが、今年はメンバーが一丸となり更なる拡大を目指します。人の数は団体の魅力に繋がり、運動の力となります。来期以降も瑞浪JCがこの瑞浪の為に活動できるよう、会員を拡大していきます。そして、入会してもらって終わりではなく、より早く仲間となれるよう会員交流の場やLOMオリエンテーションを随時行います。

 最後に、JC歴の短い私に専務理事の機会を下さった遠藤理事長には感謝しております。専務理事は、理事会、執行部会の運営、議案の作成、他LOMとの連携など多岐に渡ります。ラストイヤーにこの重役を経験し卒業できることは、私にとって大きな財産になると考えます。理事長の思い描くLOMを作り上げていく力となり、今後の瑞浪JCの基盤を作る一年とします。

・執行部会構成理事長:遠藤俊哉
 専務理事:加納大輝
 副理事長:佐々木万祐子、山下千尋
 監事:伊藤太一(外部)、奥村一仁
 直前理事長:金津誉

お気軽にお問い合わせください TEL 0572-67-1637 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人瑞浪青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.