2020年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年度 理事長所信

(一社)瑞浪青年会議所2020年度 理事長所信

理事長 伊藤太一

【スローガン】

希望溢れる未来に向かって

 一体感を持ってビジョンを描こう~

 【はじめに】

 日本において令和という新しい時代が幕を開けました。近年天候不順による未曾有の天災被害、少子高齢化に伴う社会構造の変化、米中貿易摩擦のような国際社会の中での様々な経済リスク等、先の見えない不安感が蔓延し、それは国レベルだけでなく、我々の住む瑞浪でも身近なものとなってきております。しかし、新時代の幕開けを一つの契機として、我々が作り上げる未来、そして子どもたちが進む未来は希望溢れた社会でなくてはいけません。それは、豊かさに溢れ、働きがいのある仕事があり、皆が住み続けたいまちである事、つまりは持続可能な社会である事ではないでしょうか。

本年度、瑞浪青年会議所は55年目を迎えます。諸先輩方がまちを思い、英知と勇気と情熱を持って歩んできた結晶として今の瑞浪青年会議所があります。この歩みを絶やす事なく永続的に輝くものとする為には、5年先・10年先を見据え希望溢れる未来へのビジョンを皆で描く事が重要です。限られた時間ではありますが、私はこれからの瑞浪青年会議所の未来を描く上で大変重要な1年であると考えます。

【まちに希望溢れる未来を描こう(55周年事業の実施)】

「生き残る種とは、最も強いものではない。最も賢いものでもない。それは変化に最も適応したものである。」進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンの言葉です。少子高齢化や緩やかな人口減少、それに伴う労働力不足等々、我々の住むまち瑞浪をとりまく環境は刻々と変化しております。しかし、それらの社会の変化に対して悲観的な部分のみに目を向けるのではなく、一つの機会として捉え、柔軟に対応する事が重要です。

本年度55周年事業として我々の住むまち瑞浪に今起こっている、もしくはこれから起こるであろう変化を捉え、その変化にどのように対応するのかを考える場を設けることで、希望溢れる未来を描く事のできるような事業を行います。

【ブロックアカデミー委員会の支援】

本年度は我々瑞浪青年会議所より岐阜ブロック協議会アカデミー委員会委員長及び幹事団を輩出致します。委員長以下出向者が勇気と責任感を持って臨むこの担いに対し、LOMとして委員会と連携する場を設ける事でコミュニケーションを密にし、LOMメンバー一丸となってサポートいたします。LOMメンバーはブロックの事業に係わることでLOMの事業とは違った視点や、規模感を体験する事ができ、それはメンバー個々の資質向上に繋がるものとなります。また、出向者は岐阜ブロック協議会の担いの中で数多くの物事を吸収すると思います。その中で得た多くの知識、経験、情報をLOMに還元して頂きたく思います。

【同志を募り共に未来を描こう】

青年会議所は若さ溢れる組織を維持し、未来に向かって前進する団体である必要がある事から、40歳で卒業となります。卒業年齢が決まっているという事は同志を増やしていく努力を怠ると年々会員数は減少の一途を辿る事を意味します。本年度も瑞浪青年会議所に大いに貢献してくれたメンバーが多数卒業予定であり、このままでは年々我々の活動も限られたものとなってしまいます。地域に対して主体性、責任感を持って関わり、行動をしていく瑞浪青年会議所の衰退は、我々の住むこの瑞浪市にとっても大きな損失であると私は考えます。

この状況を打破するべく、新たな同志を集める事は希望溢れる未来に向けて必須であり、より重点的にすすめて参ります。まずは性別、年代にとらわれず、多種多様な候補者の存在について広くアンテナを張り情報を集めます。また候補者一人ひとりの個性、主張、考え方を尊重できるよう対話し、互いに理解を深めていく事を重視します。粘り強く対話を行う事は、長期的な視点で種を撒く事にも繋がっていきます。また、入会頂く事をゴールとせず、新入会員が成長に繋がり、入会して良かったと思えるようフォローをして参ります。

【むすびに】

若手経営者の育成に心血を注ぐ京セラの名誉会長である稲盛和夫氏は、「リーダーは心を高め、己れ(魂)をつくりなさい」と発言しております。才覚と商才だけでは短期的な成功を収める事ができてもいつかは頭打ちになります。利他的な精神で人徳を高める事が永続的な企業経営に必須であると稲盛氏は言っているのです。これはまちの為に、自分以外の誰かの為にといった利他的な精神で徳を積む事、つまりは青年会議所活動で経験できる事を真摯に取り組む事が、いつかは自分自身や企業経営に返ってくる事を意味すると私は考えます。

我々は自身の仕事のため、個人としての成長のため等様々な目的を持ってJCに入会しました。各々の考え方、価値観は多岐にわたりますが、是非とも瑞浪青年会議所、ひいてはこのまち瑞浪市の希望溢れる未来のビジョンを描く事に向かって、一丸となって進んでいきましょう。一体感を持って活動を行い仲間意識が高まれば、我々の活動はより楽しいものとなります。そのような組織は自然と笑顔が溢れ、生き生きとした魅力溢れる団体になります。地域や入会対象者にもその魅力を伝え、このまちの希望となる団体を目指しましょう。

希望溢れる未来に向かい一体感を持ってその過程を楽しんでいこう。それが明るい豊かな社会の実現、持続可能な社会を実現する事に繋がると私は信じております。

 

 基本方針

                                          ・55周年事業としてまちの未来を考える事業を行います。

・ブロックアカデミー委員会をLOM一丸となって支援します。

                                          ・未来に向けて新たな同志を増やしていきます。

                                          (参考文献)稲盛和夫著 「心を高める、経営を伸ばす」

お気軽にお問い合わせください TEL 0572-67-1637 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人瑞浪青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.