2020年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

副理事長 基本方針

副理事長基本方針

副理事長 武田礼司(まちの未来検討委員会担当)

【基本方針】

私が一般社団法人瑞浪青年会議所(以下瑞浪JC)に入会してJAYCEEとして活動してきた経験は、それまで想像した事もない物で、自分の生業ではこれからもほとんど経験する事がない物だと感じています。貴重な経験を得られる瑞浪JCに入会して良かったと心から思います。先輩方が培われ私達が受け継いできた歴史と精神を途切れさせることなく未来に向けて受け渡していく事は、瑞浪JCのメンバーの果たすべき大きな使命と考えます。そのためにも個々のメンバーが成長し、そして一丸となってこの使命を果たす事が出来るように精一杯サポートします。事前の徹底した準備、協力してもらう方々に対して敬意を込めて依頼し謝礼するなど、基本が当たり前に出来るよう指導します。

 

瑞浪JCは今年で55周年を迎えます。私が担当するまちの未来検討委員会は本年度、市民の皆様に対して、瑞浪に起きている変化を捉え未来の瑞浪を想像する機会として、55周年事業を行います。市民の皆様が未来に向かうためのきっかけとなる事業を委員長がスムーズに構築できるようにサポートします。

 

2020年度の瑞浪JCのスローガンは「希望溢れる未来に向かって~一体感を持ってビジョンを描こう~」です。希望溢れる未来とは私達のためだけの物ではなく、未来に生きる私達の子々孫々のための物だと思います。そのような未来は個人の力で成し遂げられるようなものではなく、社会に生きる者全員が一丸となって努力をして初めてたどり着けるものだと思います。このまちには瑞浪の未来を創る同志となる人材がまだまだいます。その人達に我々瑞浪JCメンバーが未来に向かう姿を見せ、共に活動したいと感じてもらいたく思います。

 

今の社会を作る主人公であるべき私達青年経済人が未来のために力を尽したと言う歴史は、決して色あせることなく語り伝えられる事でしょう。「現在は過去の努力の結果であり、将来は今後の努力で決まる」とは京セラの創業者である稲森和夫氏の言葉です。努力が正しく実るためには確かな実力が必要です。現代社会では成果が出るまでに時間がかかる基礎の習得が軽んじられ、即戦力を求める傾向が強く見られるようになっていると感じます。しかし何事も基礎を無くして応用はなく、小手先の技だけでは些細な変化に対応できなくなってしまいます。だからこそ基礎に裏打ちされた確かな実力を持って活動していきます。そのためにもこれまで瑞浪JCが培ってきた歴史を踏襲し、そしてそれを発展させるべく、メンバーの力を底上げするために尽力いたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 0572-67-1637 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人瑞浪青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.