2022年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

まちのたから委員会 基本方針

まちのたから委員会 基本方針

委員長 山下 千尋

【基本方針】

 私たち瑞浪青年会議所は、会員数の減少による組織存続の危機に直面する中、2021年度のスタートを切ります。また、青年会議所の活動の基盤となっている地域経済においては、新型コロナウイルス感染症によって経済活動が萎縮し、企業売上高の減少や従業員賃金の低下といった形で地域経済に悪影響を及ぼしています。地域経済と組織の存続という両面から危機に直面している現状ですが、我々はまちの明るく豊かな未来を支えるためにこの危機を乗り越えていかなければなりません。

前例を見ない状況ではありますが、歴史を顧みれば、私たち人類はいつだって危機と隣り合わせにあり、危機に瀕する度にそれに打ち克って社会を更新するという営みを重ねてきました。危機に対して挑む者がいてくれたからこそ、今の社会があるのだと思います。

上記の通り、今瑞浪青年会議所は、そして地域の経済は苦境の中にありますが、このような時世にこそ挑むという姿勢を一層大切にしていかなければならないと考えます。今年度、まちのたから委員会では、瑞浪美濃源氏七夕まつりやバサラのようなまちのたからとなる事業を市民の皆さんとともに作り出すという大きな挑戦を担います。青年会議所自らがまちの課題に挑戦する姿を体現していくこと、そして、市民の皆さんの挑戦を後押しできる機会を創造することを通じて、危機に直面してもそれを乗り越えられる地域力を持つまちの創造に寄与して参りたいと思います。

本年度はこれまでになく少ない人員体制で事業を展開していくことになります。その中にあっても我々に求められる役割は変わることはありません。むしろコロナ禍の中、これまで以上に我々青年経済人が存在感を発揮することを求められていると言っても過言ではないと考えます。人的資源に限りがある中で運動の最大化を果たすために、地域の内外を問わず事業目的の達成に資する組織や個人との連携を進め、多様な主体との協働によって各種事業を推進して参ります。こうした事業の実践を通じて、青年会議所への賛同と共感の輪の拡大を推し進めるとともに、多様な人材との交流機会を増加させ、会員個々の成長及び組織の魅力向上、ひいては会員の拡大につなげて参ります。

先の見えない状況の中、率先して先を照らす役割を果たすことがJCには求められているものと考えます。混沌としたwithコロナの時代にあって、未知の可能性を切り拓くのは他でもない自分たち自身なのだという自覚を持って本年度の事業を展開し、諸先輩方から引き継いだバトンをより受け取りやすい形で次の世代へ渡せるよう邁進して参ります。

・委員会構成

委員長:山下千尋  副委員長:加納大輝

委 員:樋田翔太・渡邊大輔

・担当常任理事

副理事長:小川祐輝

お気軽にお問い合わせください TEL 0572-67-1637 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人瑞浪青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.