2022年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年度 理事長所信

2022年度理事長所信

不易流行
~変わらない想いと変化し続ける努力~ 

  【はじめに】
 一般社団法人瑞浪青年会議所は明るい豊かな社会の実現を目指し活動に取り組み、本年で創立57年目を迎えます。これまではOBである諸先輩方が、英知と勇気と情熱を注ぎ活動を行い、地域の発展と活性化に寄与しながら瑞浪青年会議所の存在意義を継承し続けてきて下さいました。時代の変化や、社会情勢が変わる中であっても、青年会議所としての根本的な活動は変わることはありません。それは、所属するメンバーが互いに切磋琢磨し、試行錯誤を重ね、自身の意見をぶつけ合いながら、人や地域の発展の為に考え抜き、行動に移していくという姿勢です。この歩みを絶やすことなく永続的なものとして引き継いでいくのは重大な使命だと考えています。
 2019年末に発生した新型コロナウイルスは、当たり前の日常と多くの命を奪いました。経済の悪化を招き、社会に悪影響も与えました。青年会議所活動においては、今迄は不自由なく当たり前のように出来ていた事柄や事業ができない状況となりました。しかし、終わりが見えないこの状況で将来を見つめなおす機会としてだけでなく、新たな取り組み方を考える機会も増え始めました。不安が募るこの状況を生き抜いていくには、「時代に合わせ変えるべきところ」と、「いつも変わらぬ軸となるところ」を見極めることが大切です。基軸のところは変化させないように活動を行い、その在り方にも時代に合わせた方法を取り入れていくなどの“柔軟さ”を持つことも今後、重要となっていくと考えます。

 【岐阜ブロック協議会事務局の支援】
 本年度、我々瑞浪青年会議所は創立以来、初の岐阜ブロック協議会会長及び事務局長、財政局長を輩出します。運営専務においては親LOMである多治見青年会議所よりご輩出頂くという異例の形での事務局運営を担います。会長以下出向者が強い決意と勇気を胸に責任感を持って臨むこの挑戦に、LOM一丸となって全面的なサポートを行っていきます。常にコミュニケーションを密にし、LOMメンバー全員がブロックの事業に係わり、この大きな挑戦を成功させ、LOMとしてのスキルアップだけでなくJAYCEEとしてより魅力的な人材となれる機会とします。ここに至るまで多くの方々がそれぞれの立場で覚悟を持って、このスタートを迎える為の準備を行ってきました。決して平坦ではない険しい道のりを、ゴールを迎えるその時まで、一人ひとりがランナーとしてしっかり完走していけるようLOM一丸となって取り組んでいきます。

 【基盤を支える運営】
 瑞浪青年会議所の支柱を担う事務局には円滑な運営に重ね、体制を整える役割と業務における改革や提案を期待します。どんなに良い事業構築をしていてもセレモニーなどの設営や開催がしっかりしていなければ最高とは言えません。設営が完璧になされた運営こそが、事業や例会の質を何倍にも上げることになります。他委員会の手本となる運営は瑞浪青年会議所全体のレベルの向上につながります。目立たぬ運営こそ一流であり、最高の黒子が最高の瑞浪青年会議所を支えます。業務の効率化と改革に務めます。

 【会員の資質向上を図る】
 現在、瑞浪青年会議所には多様性のあるメンバーが急増しました。社業に係る事や個人が持つスキルを活かして新たな出会いや交流の場を設けるだけでなく、青年会議所活動を行う上での可能性を拡げていけるよう総合的な支援を施しながら、会員の資質向上と、メンバーの活躍や功績にスポットを当てた情報の発信を行うことでモチベーションを維持しPRしていけるよう取り組んでいきます。

 【子どもたちが輝ける機会を】
 私たちが子どもの頃には、美濃源氏七夕祭りにおける鼓笛隊や武者行列など学校や家庭以外の部分で地域や大人達と関わる機会はたくさんありました。しかし時代の変化とともにそのような機会が減少しているのが現状です。そんな子どもたちの為に我々ができるのは、地域や大人達と関わりをつくり、輝ける機会を増やすことです。様々なコミュニティーと連携ができ、多様な機会を提供できるのは青年会議所の強みです。多くの子どもたちが輝ける機会を提供し、子どもたちにまちを好きになってもらえる事業を行います。

 【組織の拡大】
 昨年、多くの新入会員が増え、多様な人材が増えました。様々な視点でものを見ることができ、既存メンバーにはない視点や意見もあがり多くの気付きを得ることができました。これまでの在り方や受け継いできた精神に加え、新たな価値観も加わり、より魅力ある青年団体になれると考えます。引き続き本年も新たな同志を増やし続けていけるよう会員拡大運動に取り組んでいきます。

 【むすびに】
 江戸時代の俳人である松尾芭蕉は不易(永遠に変わらぬ本質的なもの)と流行(その時代における新しさの先端を行くもの)とがあり、不易も流行もどちらも大切であるという思想を説いています。私は、この思想は青年会議所活動においても同じと考えます。発足時から地域を思う心は変わらず、その時代に即した柔軟な考えを取り入れていくのは大切であると思います。

日々の活動においては地道な作業が多い青年会議所活動ですが、仲間をはじめ青年会議所を取り巻くまちの人達は、その努力を見てくれています。流した汗と涙は必ず報われます。限られた時間の一瞬一瞬で輝きを放っていけるようにしていきましょう。

 基本方針
・岐阜ブロック協議会事務局の支援をLOM一丸となり行います。
・青年会議所の運営体制を整え、業務の効率化と改革に務めます。
・子ども達が輝ける場を提供できるような事業を実施します。
・組織の強化と新たな同志を増やしていきます。
・会員の資質向上に取り組み、新たな出会いと可能性を広げていきます。

お気軽にお問い合わせください TEL 0572-67-1637 10:00~16:00

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 瑞浪青年会議所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.